結婚式の時に知っておきたいマナーは色々ある?結婚式マナーについて

結婚式に参加する側の招待する側もマナーがある

人生の大イベントの一つが結婚式ですが、それは参加する側も招待する側もマナーを守ることが大切になってきます。また、その結婚式のマナーも色々とありますので、始めて結婚式に参加する方はそれらのマナーは一通り勉強して覚えておかなければならない所です。例えば、結婚式の招待状を受け取った時のマナーとしては、送り返す時に招待状に書かれている「行」の文字や「宛」の文字を二本線で消して、隣に「様」と書いて送る事などは知らないと恥ずかしいマナーですよね。

招待を受けた時にいくらご祝儀袋に包めば良いか

結婚式に参加するときには、その結婚を祝ってご祝儀袋にお金を入れて渡すのもマナーです。ただ、そのご祝儀袋はその結婚された方との血縁関係や付き合いなど色々な要素が相まって、いくら入れるのが正しいのか判断に悩んでしまう方も居ます。そこでそのご祝儀袋の相場をご紹介すると、一般的な友人の場合は2万円~3万円が相場となっています。また、そのお金の金額にもマナーがあり、2や4万円を入れるのは割れるという事を連想させてしまうため良くないとされています。なので、2万円ほど包みたいときには、そこに5千円札を入れるなどすると良いでしょう。もちろん、入れるお札もおめでたい結婚式なので新札にするのも大切です。

結婚式に参加する時の服装もマナーの一つ

また、友人などの結婚式に呼ばれた時は、参加する服装にも気を配っていきましょう。例えば男性の場合はスーツが無難でベターですね。何も服装に付いて書かれていない場合は、カジュアルな服装で行くと常識を疑われてしまいます。そして、女性の場合はドレスが一般的です。さらに身だしなみにも気を配る事も大切ですが、あまりにも派手な格好をして、新郎新婦より目立つような服装をするのもNGです。服装にも気を付けて、マナー違反をしないようにしましょう。

理想の式を挙げられる結婚式場を神奈川で探す場合には料金やプランやレビューが掲載されているサイトを活用すると便利です。