宗教性にこだわらない!人前式を行なえる結婚式場

比較的新しい結婚式場

日本伝統の結婚式と言えば神式と言うイメージがありますが、神社で結婚式を挙げるようになったのは明治に入ってからの事なのです。もちろんキリスト教の教会を使用するようになったのも戦後の事ですから、大変新しい結婚式場である事が分かります。それらの結婚式場にはそれぞれの魅力がありますが、一方で気になるのが宗教儀礼の問題です。中には教会で結婚式を挙げるために、キリスト教の座学に参加する必要がある場所も存在しています。できるだけ結婚式から宗教性を排除したい場合、人前式を行なえる場所を探しましょう。

どのような場所を選ぶべきか

人前式とは宗教儀礼を含まず、ゲストとホストの間だけで執り行われる結婚式です。こうした結婚式を行なう場合チャペルが必要ありませんので結婚費用を節約できるのも嬉しいポイントです。人前式を行なう場合、ゲストハウスやレストランと言った結婚式場が利用しやすいでしょう。ゲストハウスであればチャペルを利用しないでガーデンや披露宴会場を使えますし、レストランは初めから終りまでその場で式を執り行えるのです。もちろんホテルでもチャペルを使わずに済む場所が存在しています。

レストランウェディングのメリット

結婚式に宗教儀礼を含まない場合、レストランは最も便利な結婚式場です。レストランにはチャペルがないだけでなく、ホテルやゲストハウスを借りるより費用が安上がりになるメリットがあるのです。それだけゲストを収容できる人数は少ないですが、だからこそ本当に親しい人達だけを招待できる結婚式場でもあります。レストランはホテルよりも結婚式を行なう上で設備が整っていないと言うイメージがありますが、中には結婚式に特化したサービスを提供しているレストランもあるのです。

福岡の結婚式場は大きく分けると4つのタイプがあります。1つ目はホテル、2つ目は専門式場、3つ目はゲストハウス、4つ目はレストランです。これらの式場はそれぞれ特徴があり、利用するメリットも違います。